• トップページ
  • プレスリリース
  • 佐賀大学 芸術地域デザイン学部×窓乃梅酒造×SAGA MADO 学生デザインの日本酒ラベル総選挙を開催! ~人気デザインは3月に商品化~

佐賀大学 芸術地域デザイン学部×窓乃梅酒造×SAGA MADO 学生デザインの日本酒ラベル総選挙を開催! ~人気デザインは3月に商品化~

「SAGA MADO」公式サイト:https://sagamado.jp/

さが県産品流通デザイン公社は、佐賀大学 芸術地域デザイン学部の学生と窓乃梅酒造と共に、日本酒「本醸造」「特別純米」「吟醸」300mlボトルラベルのデザイン開発を行いました。
2021年2月2日(火曜日)から10日間、観光・県産品情報 発信拠点 SAGA MADOにて、学生たちがデザインしたボトル12点を展示し、お客様に投票いただけるようにいたします。人気の高かったデザインは、3月に商品化しSAGA MADOにて実際に販売を予定しています。

 


▲佐賀大学 芸術地域デザイン学部 荒木教授(左前)、窓乃梅酒造 取締役営業企画部 古賀酵治部長(右前)と佐賀大学の学生

日本酒離れが加速している昨今において、20代の若者が購入したくなるラベルデザインを作ることができないかという想いから、佐賀大学 芸術地域デザイン学部 芸術地域デザイン学科 荒木博申教授のご協力の元、荒木教授のゼミに所属する学部3年生10名と共に、この課題について授業やワークショップを行ってきました。
窓乃梅酒造による酒蔵の見学や講義を受け、実際の酒販店を訪問して全国の日本酒ラベルについて学んだり、学生自身によって日本酒のことを調査したりしながら、デザイン考案に至りました。この機会にぜひ学生たちのデザインをご覧いただき、日本酒ラベル総選挙にご参加ください!